ハメ撮り初体験

以前からちょっとアブノーマルな趣味を持っていた私。SMは体験したことがあったけれどハメ撮りはしたことが無くて、ぜひともしたいと思い、出会い系サイトの掲示板で、ハメ撮りを一緒にしてくれるアブノーマルな男性を募集してみました。

まるで女優のようないいプロフィール写真が撮れたのでそれを添えてサイトの掲示板へ。そこで知り合った一人の男性と会うことになり、さっそくラブホでセックスを楽しみ、ついにハメ撮りを初体験できたのです。あのハメている処を写メにとられるその快感ったらありませんね。

その体験をきっかけに、私はどんどんハメ撮りにハマっていくようになりました。その男性だけでなく、ほかの男性ともハメ撮りをするように。今ではハメ撮りをする相手は10人近く居ます。ハメ撮りした写真は出会い系サイトに投稿したり、自分のスマホでフォトブックなどにしています。それを眺めているのも興奮します。こんな私はいけない人妻ですね。

犯されるこが好き

20代の頃、相手に遊ばれている。とわかっても、カラダの関係を持ち続けていた。 当然相手は、複数の女性と関係を持ち、それを平然と口にするような男だった。

その男と関係を持ったのは、以前から知り合いの友人で、私は、密かにその男に好意を持っていて、当時携帯電話が普及し始め、ようやく個人的に電話がかけられるようになりつつあり、相手から電話番号を教えてもらったことが始まりだった。 何度か連絡を取り合うようになり、クリスマスだから、食事でも一緒に行かない? と誘われた。私は、嬉しくなり当日おしゃれして出掛け、食事をした。 食事の後相手の男が「この後どうする?」と聞いてきたので、迷っていると、 じゃあちょっとドライブしてから決めよう」といい、車を走らせた。 私は、ドライブだろうと思って彼の隣に乗っていたら、人気のない海についた。 すると、彼は私の耳元で、「後ろでエッチしよ?」と言ってきた。 私は、「嫌、こんなとこでしてたら、人来ちゃうよ?寒いし」 と言ってためらっていると、彼は、「大丈夫こんなとこ誰も来ないよ。それにエアコンつけてるし。」 と云うので、私が、彼に「本当に来ない?大丈夫?と聞くと彼は、「来ないよ。」と言ってキスしてくれた。 長めのキスを繰り返しているうちに、 彼の手が私のブラの中に入ってきた。

私は、彼とのエッチのことを考え、ひとりエッチをしないでいたら、カラダが素直に反応してしまい、彼に触れられる度に、カラダヒクヒクと動いた。 彼は、「もう感じてる?」と聞いてきたので、 私は、「Kとエッチしたくてひとりエッチしてない」というと、彼は「早く後ろに行こう」といい、彼となだれ込むように後ろの座席に移った。 彼は、ドアロックをし、「全部脱いで早く」と急かすように、私の服を脱がせた。 私は、全裸にされコートを毛布のように上から掛けられ、何度も手マンされた。 私は、彼しがみついて「アァ~ッ」と叫び声をあげた。

私が、「入れて」とせがむのに彼は、「ベッドのほうがいいよ。」 と言ってクンにしたり、全裸リップされたりしていた。 私のあそこは、ぐちょぐちょで恥ずかしいのと、嬉しいのとで不思議な気分だった。 彼は、「明日ラブホ行こう何度もイカセるから。」 と言った。 私は、次の日仕事だったがまったく手につかず、仕事が終わるのを待っていた。

夕方になり彼を待ち合わせの場所で、待っていると、彼のクルマが見えた。 私が、黙って乗り込むと、車はラブホ街に。 ラブホに行くと彼は、そのホテルの一番広い部屋をとった。 その時点で、前にも来たことあるんだな。 と思ったが何も云わず黙っていた。 部屋に入ると、お互い抑えきれずお互いの服を脱がしあった 私は、手を引かれるように奥のテーブルに連れて行かれ、鏡にわざといやらしく映るように、抱き合いながら愛撫した。

彼は、嬉しそうに、「他のセフレもこんなに感じる女いないし、彼女もここまで感じてない」と言った。 そこで、私のことは本命じゃない。 ということを知った。 その瞬間は、傷ついたがセフレでもいいや。と思ったので、その後立ちバックされ、その日は、おかしくなるかと思うほど何度もイかされた。 その後も彼女の目を盗み、彼との関係を続けた。